円通院について

日本三景松島

円通院(えんつういん)は、臨済宗妙心寺派(りんざいしゅうみょうしんじは)の寺院です。
日本三景のひとつ宮城県松島町にあります。周囲には国宝瑞巌寺や五大堂など、静寂で厳粛な趣きのある場所に囲まれています。
また、三陸三十三観音霊場の第1番札所とされております。

 

日本三景松島

三慧殿

大悲亭

 

伊達政宗公嫡孫「光宗公」の菩提寺

伊達政宗の嫡孫(ちゃくそん)光宗の霊廟として、正保4年(1647)瑞巌寺第100世洞水和尚により三慧殿(さんけいでん)が建立され開山されました。三慧殿は別名御霊屋(おたまや)とも呼ばれています。
建物は宝形造、本瓦葺で、四周に高欄付の縁を巡らす。東北地方では数少ない 格式ある方三間霊屋の遺構であり、霊屋建築としては宮城県下最古とされ、3世紀半もの間秘蔵とされた国の重要文化財です。

本堂の大悲亭は光宗公の江戸納涼の亭として使われていた建物を解体移築されたもので、寄棟造萱葺で禅寺らしい落ち着いたたたずまいをしています。
山門は開山と同時に建てられたと考えられ、萱葺(かやぶき)で一間一戸の薬医門です。
本堂と共に松島町指定文化財となっています。

国指定重要文化財『三慧殿』についてはこちら

松島町指定文化財『大悲殿』についてはこちら

 

系図

雲外天地の庭

境内の庭には約350年前に造られた心字の池を中心とし石庭があります。
秋には紅葉ライトアップがされ、幻想的なお寺の中に色鮮やかな紅葉の赤色が華やかさを与えます。
庭は、下記のように構成されており江戸時代の日本を代表する作庭家、小堀遠州の作といわれております。

  • 石庭「雲外天地の庭」
  • 遠州の庭
  • バラの庭「白華峰(びゃかほう)西洋の庭」
  • 三慧殿禅林瞑想の庭

また、バラの庭「白華峰西洋の庭」は6,000平方メートルあまりに色とりどりのバラを植え込まれバラ寺として知られ、現在ではバラの数は少なくなり、境内いたるところにコケを配して、コケ寺として訪れる人々に安らぎを与えています。

「庭園」についてはこちら

 

紅葉ライトアップ

白華峰西洋の庭